薬剤師に必要とされるスキルとは?

現場で求められている薬剤師とは?!

現場で求められている薬剤師とは?!

仕事をしていく上で、職場に対して様々な要望を言いたくなることは、何も珍しい話ではありません。それは、専門職といわれる薬剤師にとっても、同様のことがいえるでしょう。しかし、自分の要望ばかり言っていても、職場で煙たがられるのがおちです。やはり、自分の要望だけではなく、現場で求められている薬剤師について正しく理解しておく必要があるでしょう。

では、現場で求められている薬剤師とは、どのような人物像なのでしょうか。詳しく見ていくことにします。

一言で薬剤師といっても、様々な現場で働くことができますが、どの職場でも共通していることは、コミュニケーション能力が高い薬剤師が求められているということです。 以前は、調剤だけしっかりとこなしていれば、どこでも働くことができましたが、最近は調剤だけできる薬剤師は必要とされなくなってきました。

つまり、基礎的な知識や応用的な知識だけではなく、ヒューマンスキルも求められるようになってきたということです。 このようにみていくと、薬剤師としてのスキルだけではなく、人間性が高い人が、現場で求められているように感じてしまいますが、そこまで難しく考える必要はありません。

もっと噛み砕いて言えば、薬剤師として患者さんの治療に携わりながら、一緒に病を治していく姿勢が重視されてきたということになります。 例えば、薬の飲み方1つとっても、患者さんが飲みやすい形状に気を配る必要がありますし、副作用の有無や薬が体質に合っているかどうかについても、患者さんとコミュニケーションをとりながら聞き出さなければならないのです。

ようするに、薬剤師としての仕事だけできれば良いわけではなく、どのような考え方で仕事に取り組んでいるのかということや、患者さんと向き合う姿勢などが特に重要視されてきたといっても過言ではありません。 その上で、更にスキルアップしていきたいのであれば、より専門的な知識や経験を身に付けていく必要があるでしょう。

医療業界の変化と共に、現場で求められる薬剤師の在り方は今後も変わっていきます。いつまでも現場で必要とされる、薬剤師として働いていきたいものです。

↑ PAGE TOP