私たちが普段利用しているのが保険薬局と呼ばれるもの

薬剤師が勤務する調剤薬局と保険薬局の相違点について

薬剤師が勤務する調剤薬局と保険薬局の相違点について

1975(昭和50)年頃から医療機関は医療行為に専念し、薬歴管理や服薬指導は調剤薬局の薬剤師が担当し医療のクオリティを高める医薬分業が進み始めました。 医薬分業が進むに連れて薬剤の医療過誤を予防できるようになりましたし、処方箋があれば空いた時間に保険調剤薬局に行って薬をもらえるように便利になったのです。

薬剤師は薬についての知識のみならず保険に関する知識や患者様に理解しやすいような薬の情報を伝えるコミュニケーション能力や患者様の状態によって分包を工夫するなど、きめ細やかなサービスが求められています。

1989(平成1)年からは国も医薬分業に力を入れはじめ本格的に調剤薬局や保険薬局の数も増え始めました。 ここでは、薬剤師が勤務する調剤薬局と保険薬局の相違点についてご説明いたしましょう。

調剤薬局は調剤室を設置して必要な施設基準をクリアして薬剤師が常駐して調剤ができる薬局のことで、調剤以外に一般用医薬品の販売も可能です。 保険薬局は国民健康保険や社会保険など公的医療保険制度の健康保険を使った調剤・処方ができる薬局のことです。

調剤薬局の中で特に保険指定を受けた薬局のことを保険薬局と呼んでいます。 保険薬局ではない調剤薬局の一般用医薬品の販売や調剤はできても健康保険を使った医師の処方箋を受け付けての保険調剤はできない規則になっています。 そして保険薬局では薬剤師も登録をされた<保険薬剤師>でないと従事できないという相違点があります。

現実には医療を受ける場合は健康保険を使うのが一般的ですから、だれもが保険薬局に行きます。 保険薬局ではない調剤薬局に依頼をすれば全額自己負担になるので通常の3割負担と比較すると大きな負担になります。 敢えて高額な薬代を支払う人はいませんから、保険を取り扱いできない調剤薬局は潰れてしまう可能性があります。

ですから最近では街中にある薬局や病院の近所にある薬局は、指定を受けて保険薬局として開設するのが常識化になっており、調剤薬局であり保険薬局であるケースが大半です。 それをアピールするために保険薬局は<処方箋受付ます>とか<保険調薬局>などと医療保険が適用できる調剤薬局であることを目立たせています。

↑ PAGE TOP