転職を繰り返す薬剤師は、転職に不利になる?

薬剤師は転職が多いと仕事が見つかりづらくなる?!

薬剤師は転職が多いと仕事が見つかりづらくなる?!

どのような業界でも、転職が多いと仕事が決まりづらくなるという考え方が根強く残っているといえます。確かに、短期間で転々と職を変えてしまうと、仕事が長続きしないと見られ、転職がスムーズにいかなくなるということはあるでしょう。

その点、薬剤師の場合はどうなのでしょうか。詳しく解説していくことにします。薬剤師は、専門職であることから、他の職種と比較すると仕事が決まりやすいという特徴があります。 とはいえ、仕事を選ばなければすぐに見つかるというだけで、必ずしも希望通りの仕事が見つかるわけではありません。

また、薬剤師の業界でも、転職が多過ぎることは嫌煙されます。各職場によって基準は違いますが、平均で大体3回以上となると、転職が多いとみなされるようです。ただし、これには例外があります。女性の薬剤師に多いのですが、旦那さんの転勤がきっかけで、転職を余儀なくされるケースの場合、転職回数が多くても特に問題はありません。

また、転職回数が多いとはいえ、転職の理由に一貫性がある場合も、転職回数が重要視されないケースがあります。 例えば、より様々な経験を積むために転職したという理由や、より多くの収入を得たいために転職したという理由など、考えればいくらでも理由はあるといえます。

あまりにも、現実とかけ離れた理由にしてしまうと、わざとらしくなってしまい、より悪い印象を与えることとなりますが、転職する場合は誰でも何らかの理由があるものですので、色々と考えてみると良いでしょう。 尚、薬剤師の平均勤務年数は3年といわれています。転職回数が多いとはいえ、3年以上勤務している職場が多いということであれば、そこまで転職回数を気にする必要はなさそうです。

転職理由を、更なるキャリアアップのためということにしておけば、面接官に悪い印象を与えることはないといえます。 以上のことから、薬剤師は転職が多いと、仕事が見つかりづらくなるということに間違いはありませんが、状況によっては転職回数が多くても特に問題はないといえそうです。

↑ PAGE TOP