ドラッグストアは高いお給料が魅力です!

薬剤師がドラッグストアで働くメリットとデメリット

薬剤師がドラッグストアで働くメリットとデメリット

近年、ドラッグストアで働く薬剤師が増えてきました。薬剤師転職ランキングでも上位に来る人気ぶりです。もちろん出来るだけ、病院や調剤薬局で働きたいという人の方が多いのですが、現実問題として多くの応募者が殺到することから、なかなか採用されないということが多発しています。そのため、病院勤務や調剤薬局の勤務だけを希望するのではなく、ドラッグストアも就業先として考える人が、増加してきているといえるでしょう。

ドラッグストアでの勤務を希望する人が少ないのには、いくつかの理由がありますが、一番良く聞く理由としては、薬剤師にしかできない専門的な業務が少ないことが挙げられるでしょう。 しかし、ドラッグストアといっても、調剤併設のお店も増え始めており、そういったお店で働くことができれば、調剤業務もこなす必要が出てきます。

つまり、調剤併設されている店舗で働くことができれば、薬剤師としてのスキルを活かすことができるということです。 そもそも、トラッグストアで働くメリットとデメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。代表的な理由をご紹介していくことにしましょう。

まず。給与面からですが、病院に勤務している薬剤師や、調剤薬局で働く薬剤師と比較すると、ドラッグストアで働く薬剤師の方が給与は高くなっています。 年収でいうと、だいたい500万円から700万円程度と考えていて良さそうです。 そのかわり、薬剤師本来の仕事とは関係がない、レジ打ちなどの接客を行う他、在庫管理や品出しなども行うため、仕事に不満を持ってしまいがちだといえるでしょう。

それから、大手のドラッグストアで働くことができれば、安定した収入や恵まれた待遇の中で勤務することができるということも、メリットの1つだと言えます。

ただし、大手のドラッグストアは、全国展開しているため、転勤があることが考えられます。また、管理職になると、シフト管理や従業員の教育、売り上げの管理などを行う必要があり、残業が続くこともあるようです。また、休みがとりづらくなるということも考えられるでしょう。

以上のことから、大手のドラッグストアではなく、地元密着型の調整薬局が併設されているお店であれば、薬剤師としてのスキルを磨きつつ、好条件の中で働くことができるといえそうです。

↑ PAGE TOP