薬剤師求人サイトで効率の良い求人探しをしよう

薬剤師求人サイトを上手く行うポイント

薬剤師求人サイトを上手く行うポイント

医療関連の仕事の中で、薬剤師の離職・転職率は比較的低い方だというデータがあります。しかしながら、一般企業に勤めるサラリーマンやOLなどと比較すると、やはり離職率は高く、あるデータによれば年間10人に1人の割合で薬剤師は離職しているとされ、とくに中高年の離職が目立ちます(40代の薬剤師転職については下記を参照してください)。
薬剤師転職の最新事情と転職先を比較してみた!

今や、薬剤師の資格を持つ方が、新卒から定年まで一カ所で安定した仕事を続けていくという事は、非常に稀な事となっているのです。こういう状況に置かれる薬剤師にとって重要なのは、転職にマイナスイメージを持つのではなく、前向きに転職と向き合うということです。

例えば「転職はキャリアアップのチャンス」「職場を変えることで、仕事に関する問題を根本的に解消できる」など、薬剤師求人サイトを活用した転職のメリットを明確にすることで、自分の理想とする職場、探すべき求人情報などが、具体的に見えてくるようになります。

次に大切となるのが、自分の能力や適性を客観視することです。近年、薬剤師の役割は多岐に渡っており、活躍の場や就職先も多様化してきています。時には、今まで想像もできなかった企業などが、薬剤師資格者の募集をかけるケースもあるようです。

このように、職場や仕事の選択肢が広がりを見せる状況においては、求人内容と転職希望者の適正・能力のミスマッチが起きやすくなります。

転職において、ミスマッチは可能な限り避けるべきものであるのは当然です。そのためにも、自分の能力や適性が応募しようとしている求人に適しているのか、キャリアや実績を活かすことが出来るかという事を、事前にしっかりと確認しておくことが重要となってくるのです。

そして、基本的な部分とはなりますが、書類選考を突破するための履歴書・志望動機の書き方、面接対策を十分に行っておくことも大切です。特に、薬剤師の場合は応募する職種に合せて、実績や志望動機をアピールする事が必要となります。

履歴書や志望動機の書き方、面接対策などについては、薬剤師の転職支援サービスなどで相談をすることもできますので、上手に活用するのも良いでしょう。

<薬剤師の求人支援を行う地方自治体は以下>
富山県薬剤師会

薬剤師求人-管理薬剤師の手当と福利厚生

福利厚生というと何が思い浮かびますか。 月々の給与の他に支給されたり、その時に必要な特典やサービス、援助のことを福利厚生と言いますが、会社等の勤務先によって様々あります。

法律で義務付けられている手当には健康保険、雇用保険、厚生年金などがあり、これらも福利厚生のうちの1つです。 勤務先が任意で定めているものとしては財形貯蓄、通勤手当、住宅手当、慶弔見舞いなどがあるの

ですが、これらの手当の内容次第で「福利厚生が充実している・していない」と言われることになるので、福利厚生とは雇用する側にとってもされる側にとっても重要な要素です

ユニークな福利厚生を挙げると、リゾートホテルを特別料金で利用できたり、社内バー、失恋休暇などもあるから驚きです。 なぜこういったものが設けられているのかというと、やはり何よりも従業員のモチベーションを上げる為だと言えますね。

逆に福利厚生が充実していないと会社への不満が大きくなる傾向があります。 年収額面だけを重視して就職や転職活動を行なう人は少ないのではないでしょうか。 福利厚生面にもこだわって応募先を決める人が多いようです。

医療従事者である医師、看護師、薬剤師には専門性や特殊性のある業務を任されることになるので、様々な手当がもらえます。 X線を使う手術室などの業務には危険手当がつきますし、結核やHIVなどの感染症を扱う際には感染症手当が支給されます。

他には救急医療の為にスタンバイするオンコール待機手当、難病を扱う時に発生する特殊疾病取り扱い手当、分娩手当など多くの種類の手当があります。

管理薬剤師も例外ではなく、管理薬剤師手当という役職手当のようなものが支給されます。 この手当は任意によって金額が決定される手当になるので、勤務先によって支給額が異なります。

大体は月に25,000~40,000円くらいが支給されるようです。 年収でいうと30~50万円の管理薬剤師手当が加算されます。

薬剤師のお仕事の幅が広がっている

以前は薬剤師を目指し、薬学科を卒業した学生にとって、薬剤師の仕事といえば、病院や薬局で調剤したり、製薬会社などで新薬を開発したり研究したりするということが一般的でした。

そして、薬剤師にはパートやアルバイトとして勤務することができることから、子育てが落ち着いた時に復職しやすいため、女性にとても人気がありました。 今でもそのような理由から女性に人気がありますが、現在では薬剤師の男女比にあまり差はなくなってきました。

男女の差がなくなった理由としては、薬剤師が活躍できる場所が増えてきたということが、関係しているかもしれません。 以前では調剤や研究・開発くらいしかなかった薬剤師のお仕事が、今では本当にたくさんのお仕事があります。

まず、調剤に関しては医薬分業が進んでいるため、病院よりも調剤薬局やドラッグストアでの仕事をが多くなっていると思います。

そして、新薬開発に関する仕事でも、MRや臨床開発などに加えて、治験モニター(CRA)、治験データマネージメント(DM)、治験コーディネーター(CRC)などでも、薬剤師が活躍できるようになりました。

また、薬剤師に求められる経験やスキルもどんどん高くなってきています。 以前は未経験でも大丈夫だったであろう職場でも、今では医薬品にかんして、より高い知識と経験を要することもあります。

また、最近では薬剤師でありながら、+αで薬剤師とは違ったお仕事をする人も増えてきているそうです。 例えば、薬剤師の資格を持ちながら、ITの仕事をしている人が居ます。 その場合は、薬剤師の経験や知識を生かして、診断ツールなどのシステム開発を行っていたりするそうです。

他にも、薬剤師としての知識を生かして、医学や薬学に関してのコンテンツなどを作成するライター、医薬品に関する海外文献を翻訳する翻訳家などがあります。 そして、製薬会社では新薬の開発だけでなく、どのような薬が世界中で求められているのか予測し、戦略を考えるマーケティング職などもあるそうです。

その他にも、今では本当にたくさんの仕事の選択肢があるので、自分の得意分野と薬剤師の資格を生かせた仕事ができるようになるかもしれません。 薬剤師過剰時代が来るかもしれないと言われていますが、仕事の選択肢も増えてきているので、今が新しいことに挑戦するチャンスかもしれませんね!

薬剤師でも年収1000万円目指すことはできる?

年収1000万円くらいもらっている人ってどんなイメージがありますか? 中小企業の社長や管理職、大企業のエリート社員など、なかなかハードルの高い人ってイメージがあると思います。 では、このような人ではなく、薬剤師が1000万円を目指すということは可能なのでしょうか?

まず、調剤薬局で年収1000万円は可能かどうかです。 調剤薬局で年収をアップさせるには、やはり薬局そのものの居売上をアップさせて、そしてそれを安定させることが大切です。 毎日忙しい病院の近くにある調剤薬局ならば、常に患者さんが待機している状態だと思うので、忙しくはなると思います。

処方箋を正確に処理して、きちんと患者さんに服薬指導などをして、そして次々と回すことができれば、売上もどんどん上がっていくかもしれません。 しかし、法律で調剤薬局の薬剤師が処理できる処方箋の数が、1日に40枚までと法律で定められているのです。

そして、平均では25枚前後くらいしか処理できていないのが現実であり、どんなに忙しく売上の多い調剤薬局であっても、年収1000万円を目指すことは難しいでしょう。

また、国家公務員として働く薬剤師もいますが、こちらは経験年数で年収が変わってくるそうです。 ランクは1~7級ほどありますが、一番上のランクになったとしても、月収50万円弱だそうですので、年収1000万円には届かないでしょう。

しかし、企業で勤務する場合は、年収1000万円も夢ではありません。 例えば製薬会社で営業として勤務する場合は、契約がとれればとれるほど、給料が加算されています。 そのため年収1000万円にすることも、営業成績によっては可能でした。 営業こそが年収1000万円の近道かもしれません。

ただし、年収1000万円に届かないからといっても、薬剤師の給与は一般的な職業よりも水準は高く設定されています。 高い水準ではありますが、なかなか年収が上がらないこともあります。

しかし、どんな職業でも成功して高年収を稼ぎだした人がいるように、何かの拍子にあなたも成功することがあるかもしれません。 なので、決して後ろ向きならずに、仕事に対して前向きな姿勢で、コツコツ頑張っていくことが大切です。

↑ PAGE TOP